Chapter 6: 日本での関心も高まるソルガムきび

アメリカで注目の雑穀 ソルガムの秘められた偉大な力

Chapter 6: 日本での関心も高まるソルガムきび

医食同源をコンセプトに、栄養バランスや素材選びにこだわりを持つレストランRire(リール)では、これからの食材としてソルガムきびに注目しています。
レストランRire

アンチエイジング・スペシャリスト 堀知佐子さん

アンチエイジングスペシャリスト 堀知佐子さん「ソルガムきびには粘性が少ない特性があり、使用が制限されることもある一方で、ソルガムきびだからできる料理の表現があります。
天ぷらをサックリと揚げるのはむずかしいですね。天ぷら粉として使用している小麦の成分であるグルテンの粘性が出てしまうからです。粘性の少ないソルガムきびを天ぷら粉として揚げ物などに使用するのは、とてもいいと思います。
また、ソルガムきびの水溶性はとても高く、利便性もとても高いです。料理が苦手な人でも扱いやすいと思います。
ソルガムきびは、新しい食材としても注目されていますが、タカキビとして日本に昔からあった穀物です。なので、日本人にもとてもなじみやすいものだと思いますよ。」

line

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook