アメリカ穀物協会について

U.S. Grains Councilアメリカ穀物協会(USGC)は、米国産の大麦、トウモロコシ、グレイン・ソルガム(ソルガムきび)、およびその加工製品の国際市場の創出と拡大を目的とした、民間の非営利団体です。

当協会は、1960年にワシントンD.C.に創設され、ワシントンD.C.本部を拠点に、国外に9事務所を置き、50を超える国々で活発な市場開拓プログラムを展開しています。

当協会は、米国穀物生産州の作物拠出金を含む会員産業団体からの支援、生産者とアグリビジネス関係者、および米国農務省の支援を受け、年間2500万ドルを超える市場開拓プログラムをプロデュースしています。


アメリカ穀物協会ワシントン本部

U.S. Grains Council
1400 K Street, NW, Suite 1200
Washington, DC 20005
U.S.A.

日本事務所について

アメリカ穀物教会について1961年にアメリカ穀物協会の日本事務所が東京に開設されました。現在、日本は世界において米国産穀物の最大の、そしてもっとも信頼性の高いバイヤーであり、米国農業にとって非常に重要な顧客でありパートナーです。

日本事務所は、積極的な市場促進プログラムを実行し、穀物輸入業者、飼料メーカー、養鶏、畜産生産者そして工業用・食品用トウモロコシ加工業界の皆様に、技術的情報やマーケット情報を提供し、トウモロコシ、大麦、グレイン・ソルガム(ソルガムきび)およびその関連製品の新用途の紹介や普及につとめています。

アメリカ穀物協会

アメリカ穀物協会 日本事務所地図〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-20
第3虎の門電気ビル11階

11th Floor, Dai3 Toranomon Denki Bldg.1-2-20 Toranomon, Minato-ku, Tokyo 105-0001 Japan

【交通機関】
東京メトロ/銀座線 虎ノ門駅 3番出口より徒歩1分

Subway Ginza Line Toranomon Stn. Exit No.3 (1 min. walk)

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook