ソルガムきびレシピ

ソルガムきびを使った雑穀桜すしご飯

アメリカ穀物協会レシピ 主食 つぶ

ソルガムきびを使った雑穀桜すしご飯

材料(4人前)

A) 白米 3合(450g / ホワイトソルガムきび 45g/ 高きび 30g / 赤米 15g / だし昆布 5×10cm 1枚
B) レンコン 180g / 桜の花の塩漬け(具材用 30g・ 飾り用 適宜 )
C) すし酢・昆布だし入(ミツカン酢使用)110 ml / 梅酢 小匙1
D) カイワレ 1P
E) 酢 適宜 (レンコン茹で時に使用)

作り方

<下準備>
(ごはん)

  1. 1.米を洗い、しっかり水切りし、釜に入れ分量の水を加える。
  2. 2.雑穀をまとめてザルに入れ、やさしくさっと洗い水切りし、(1)へ入れ 雑穀と同量の水を加えて混ぜ合わせ、3~ 6時間浸水する。
  3. 3.(2)のお米の上に、だし昆布を乗せ、炊飯スイッチを入れる。

(すし酢)

  1. 1.桜の花の塩漬けの表面の塩をさっと洗い落し、軽く水気を絞る。
  2. 2.ボウルにすし酢と梅酢を合わせ、(1)の桜の花の塩漬けを入れる。
    (チャック付のビニール袋などに入れると、後でレンコンを入れた時、全体に味を馴染ませやすい)
  3. 3.小鍋に水と少量の酢を入れ火にかけ、沸騰させる。
    注)レンコンをサッと茹でるだけなので、レンコンの2倍位の水の量で良い。
  4. 4.皮をむいたレンコンを5mm角に切る。③の沸騰した鍋に入れ、シャキシャキ感を残す様にサッと(30秒程)茹で、ザルでしっかり水切りする。
    注)シャキシャキ感を残すこと!
  5. 5.アツアツのうちに②の中に入れて、混ぜる直前まで味を染み込ませておく。

(飾り)

  1. 1.カイワレの根の部分を切る。
  2. 2.飾り用の桜の花の塩漬けの表面の塩をサッと洗い流し、軽く水気を絞り、桜の花がかぶる位の少量のすし酢に漬ける。

<作り方>

  1. 1.炊飯したてのアツアツご飯を桶に移す。
  2. 2.下準備したすし酢を①へかけ、しゃもじで切るように混ぜる。
  3. 3.全体が混ざったら、うちわでまず表面をあおいだ後、裏も返し軽くあおぐ
  4. 4.桶を使用する場合は、カイワレを桶の周りに飾り、桜の花も可愛く飾る。
    お皿に盛る場合は、(2)をお皿に盛り、カイワレ、桜の花を可愛く飾る。

 

POIINT

  • ・今回のすし酢は、簡単に出来る様に市販のすし酢を使用しています。
  • ・いつものすし酢に梅酢を少し足しても大丈夫です。さっぱり仕上がります。
  • ・レンコンを茹でる時は、シャキシャキ感を残すこと。茹で過ぎない。
  • ・巻きずし、いなり寿司、おにぎり、松花堂弁当など、幅広く応用可能。

プリントする

【レシピ作成・画像提供】
体にやさしい雑穀Cookingサロン ”Milletche” 主宰
雑穀クリエイター 持田怜美 様
クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook