ソルガムきびレシピ

鶏のキノコ詰めロースト

アンチエイジングスペシャリスト 堀知佐子さんのソルガムきびレシピ 前菜・副菜 こな


茹でソルガムきびとともにいただく
新食感でどんな食材にもぴったり

鶏のキノコ詰めロースト

材料(1皿分)

米国産ソルガムきび(粒) 100g
鶏もも肉 1枚
醤油 15cc
酒 15cc
シイタケ 2個
マイタケ 1/2パック
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク 1/4片
パセリ 少々

作り方

  1. 鶏肉は半分に切り醤油・酒に15分ほど浸す。
  2. シイタケは銀杏きり、マイタケは同じ位の大きさに切り出す。
  3. フライパンにオリーブオイルとすりおろしたニンニクを入れ火にかけ、(2)をきつね色になるまで炒める。
  4. 鶏肉の皮と身の間に(3)を入れ、予熱した230度のオーブンで20分焼く。
  5. 水に一晩つけたソルガムきび(粒)を柔らかくなるまで茹で、湯切りしボールに移して蒸らす。
  6. 鶏が焼き上がったら、(5)のソルガムきびにその肉汁をかけ、なじませる。
  7. 皿に(6)のソルガムきびと鶏と一緒に盛りつけ、パセリをふる。
POIINT

ソルガム(粒)に、鶏とキノコのうまみをしっかり吸収させましょう。

ソルガム(粒)は、水で茹でることで、鶏肉とキノコのうまみ汁がしみ込みやすくなります。また、茹でた後に蒸らすことでよりふっくらとなり、さらにうまみを吸収しやすくなります。

プリントする

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook