ソルガムきびレシピ

ベトナム風お好み焼き

アンチエイジングスペシャリスト 堀知佐子さんのソルガムきびレシピ 主食 こな


ソルガムきびで皮はパリパリ
合わせる具材との食感の違いも楽しめる

ベトナム風お好み焼き

材料(1枚分)

米国産ソルガムきび(粉) 25g
ココナッツミルク 50cc
水 50cc
砂糖 大さじ1/2
ゴマ油 大さじ1と1/2
豚ロース肉 50g
塩 少々
コショウ 少々
ニラ 1/2束
卵 1/2個
モヤシ 1/2袋
大葉(A) 6枚
えごまの葉(A) 6枚
パクチー(A) 適量
グリーンカール(A) 適量
ハーブ類(A) 適量
酢(B) 大さじ1と1/2
ナンプラー(B) 大さじ1
砂糖(B) 大さじ1/2

作り方

  1. ソルガムきび(粉)・ココナッツミルク・水・砂糖をよく混ぜ合わせておく。
  2. フライパンにゴマ油をひき、一口サイズに切った豚ロース肉を入れ火にかけ、お好みで塩・コショウをふり、肉の色が変われば、(1)とざく切りしたニラを入れ、ふたをし弱火で焼く。
  3. 生地の表面が乾いてきたら、溶いた卵を流しかけ、根切りした生のモヤシを肩面に入れ、生地をオムレツのように巻き上げ、ふたをして蒸し焼きにする。
  4. 器に盛りつけ、葉物類(A)を添える。
  5. 酢・ナンプラー・砂糖(B)を合わせたものを添える。お好み焼きを野菜で巻いてお召し上がりください。
POIINT

ソルガム(粉)生地と卵を二層にして、別々の食感を。

ソルガム(粉)を焼くと、その表面はパリっとした食感になります。その上に、後から卵やモヤシを入れ蒸し焼きにすることで、生地表面のパリパリ感、卵のしっとり感やモヤシのシャキシャキ感が同時に味わえます。またソルガムは食物繊維が豊富です。

プリントする

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook