ソルガムきびレシピ

アボガドとバジルのワカモレ風クレープ包み

ソルガムきびレシピコンテスト おいしいレシピ 主食 こな


投稿者:しきさん

アボガドとバジルのワカモレ風クレープ包み

材料(1〜2人分)

<生地>

米国産ソルガムきび(粉) 100g
水 150g
卵 1個
バジル 小さじ2
マヨネーズ 大さじ1
粗挽き塩コショウ 適量
カレー粉パウダー 適量
サラダ油 適量
<アボガドディップ>

オリーブオイル 大さじ2
アボガド 1個
玉ねぎ 1/3個
バジルソース 小さじ1
ガーリックチップ 適量
粗挽き塩コショウ 適量
チリソース 適量
パセリ 適量

作り方

    <生地>

  1. ソルガムと水、卵、バジル、マヨネーズ、塩コショウ、カレー粉パウダーをミキサーでダマがなくなるまで混ぜ合わせる。
  2. フライパンを火にかけて、サラダ油をひき、アボガドディップを丸めることのできるくらいの大きさに生地を丸く焼く。なるべく薄く焼くと包みやすい。
  3. <アボガドディップ>

  4. アボガド、みじん切りの玉ねぎ、バジルソース、みじん切りのガーリックチップ、塩コショウをしっかり混ぜ合わせる。アボガドはやわらかい状態のものを使用するとディップにしやすい。
  5. <包む>

  6. 生地にアボガドディップとチリソースを乗せてクレープ包みにする。お皿にきれいに盛って、パセリを添えて完成。
投稿者のこだわり・おすすめ
バジルを使って香りのよさを強調しました。ローズマリーやオレガノでもよいと思いますが、ハーブの香りを用いて嗅覚、視覚、味覚から美味しいと思える料理を考案しました。
また、火を使うのはソルガムきびの生地作りのときのみなので、ディップの内容を変えて、子供と一緒にクレープ包みをやっても楽しいと思います。ディップの内容次第で多種多様な料理が作れると思います。
ソルガムきびの粉は水にとけやすくダマにならなりにくく、また油との相性も良くカリッと焼き上がります。失敗がなく、ビギナーの方にもおすすめのレシピです。

プリントする

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook