NEWS

エリカ・アンギャルさんの最新著書『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる』でソルガムきびが紹介されています。

| information |

6月29日にエリカ・アンギャルさんの10冊目となる著書『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる』(学研プラス)が発売されました。

ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントとして一躍注目を集めたエリカ・アンギャルさんの最新刊は、彼女が兼ねてより愛してやまない“日本の和食”をテーマにした一冊。2013 年にユネスコ無形文化遺産にも登録された和食は、いまや世界中で大ブームです。和食=ヘルシーというイメージは誰もが持つものですが、その美容効果や、ダイエットに有効な食べ方は意外なほど日本人に知られていません。

◆脂肪燃焼やアンチエイジングに有効な奇跡のホルモンは、和食材に含まれていた
◆緑茶は腹筋以上に、おなかやせに有効
◆甘酒でニキビや目の下のクマを改善
◆枝豆ダイエットが海外で大ブーム

など、実はおもしろい効果やトピックスが満載なのです。
最新の栄養学に基づいたデータと、外国人の著者ならではの新鮮な発想・視点から和食の新しい魅力、美しくなるための食べ方を紹介します。

『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる』では、海外で人気の雑穀として、ソルガムきびが紹介されていますので、ぜひご覧ください。

エリカさんのメッセージをご紹介します。

エリカアンギャルさん「日本のみなさんが考えている以上に、”WASHOKU”は洗練された食文化として海外で高く評価されていることをご存知ですか?2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されたことは記憶に新しいですが、長寿の食生活としてだけでなく、美肌とアンチエイジングによい食材の宝庫として、美意識の高い人たちの間でもはや定番となっています。また、医学的にもその有用性は証明されています。例えば約8万人を15年に渡り追跡した国立ガン研究センターの大規模な調査では、バランスの良い食事が健康寿命の延伸に役立つという結果が出ています。その他にも和食に関する様々な研究で、バランスの良い和食の相乗効果も明らかになってきています。

それにも関わらず日本の食事がどんどん欧米化している現状は、外国人の私からしたらとてももったいないことに思えてなりません。日本を愛する外国人のひとりとして、このような現状に警鐘を鳴らしたいのです。

日本の食文化を維持できるのは、ほかならぬ日本人だけ。日本人女性に、あらためて、世界でもまれに見る素晴らしい日本の食文化を誇りに思ってもらうこと。この本がその助けになることを願っています。

Lots of Love, Erica
クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook