クローズアップインタビュー Vol.9 米野智人氏(inning+オーナー、元プロ野球選手) × アメリカ穀物協会

クローズアップインタビュー Vol.9 米野智人氏(ナチュラルキッチン inning+(イニング・プラス)オーナー) × アメリカ穀物協会

2017年3月16日、東京・下北沢にオープンした“体の中から綺麗で健康”がコンセプトのカフェ・レストラン「inning+(イニング・プラス)」では、米国産ソルガムきびを使ったマフィンが大人気!今回は、オーナーで元プロ野球選手の米野智人氏にお話を伺いました。

現役引退後は、グルテンフリーのカフェ経営に

USGC
米野さんが、グルテンフリーに興味を持たれたのは、ジョコビッチ著『ジョコビッチの生まれ変わる食事』がきっかけだと伺いました。

米野
米野智人氏そうですね。ジョコビッチ選手の著書を読んで、グルテンフリーについて興味を持ちました。さらに詳しく勉強すると、どうやらアレルギーではない人でも小麦粉を過剰に摂取し続けると身体に何らかの不調が生じる場合があることを知りました。
僕は、現役中の2016年3月頃からグルテンフリーを始めたので、だいたい1年3ヶ月くらい経ちました。僕の場合は、便通がよくなり、胃腸の働きが改善されたのをすぐに実感しました。
また、現役時代に比べると運動量が減りましたが、体重は3~4キロ絞れました。

米野智人氏グルテンフリーを実践してみて、初めは「食べるものがないかな」と思っていましたが、探せば色々とあり、特に困っていません。
僕はスポーツをしていたので、健康でいるために必要なことは「いい食事をして、しっかり睡眠をとって、適度な運動をすること」だと考えています。その中のひとつ、「食事」をグルテンフリーに変えてみてよかったと思っています。

グルテンフリーにこだわったお店

左:米野智人氏、右:店長で調理担当の兄・敦人氏

左:米野智人氏、右:店長で調理担当の兄・敦人氏

USGC
周りの方も、グルテンフリーを実践されていますか?

米野
お店で働くスタッフは、全員グルテンフリーを実践しています。また、提供しているメニューは、アルコール以外、全てグルテンフリー食材を使っています。醤油も、グルテンフリーのたまり醤油を使っています。カレーも、ルーは小麦粉を使わずに作っています。

USGC
大変なこだわりですね。ソルガムきび粉は、ルー作りにも適していますよ。ソルガムきび粉でとろみが出るのでオススメです。

 

人気のグルテンフリー・マフィン

人気のグルテンフリー・マフィンUSGC
お店で提供されているグルテンフリー・マフィンには、米国産ソルガムきび粉が使われていますね。

米野
グルテンフリー・マフィンは、メニューに載せている4種類すべてにソルガムきび粉を使用しています。マフィンの制作は、うちの女性スタッフが担当しています。彼女がグルテンフリーについて勉強を進めていくと、アメリカでは、ソルガムきびがグルテンフリー食品として多く使われている事を知ったそうです。

USGC
マフィンにソルガムきび粉を配合するメリットは何ですか?

グルテンフリー マフィンのメニュー米野
グルテンフリー・マフィンは、玄米粉、ソルガムきび粉、アーモンド粉の3種類を配合して作っています。ソルガムきび粉を入れることにより、小麦粉に近いふわっとした感じに仕上がります。また、表面にもさっくり感が出ます。さらに、ソルガムきびは非常に栄養価に優れているところも重要なポイントです。

USGC
グルテンフリー・マフィンを完成させるまでに、粉の配合で苦労した点や工夫した点などがあれば教えてください。

グルテンフリー マフィン米野
玄米粉、ソルガムきび粉、アーモンド粉の3種類の粉の配合量を、何度も割合を変えて作りました。試作を重ねた結果、ソルガムきび粉を玄米粉と同等の割合、あるいは、ソルガムきび粉の方が若干多いくらいの割合に落ち着きました。グルテンフリーのマフィンは、栄養価が高い上に、小麦で作るもの以上に美味しいと思っていただけるよう日々研究しています。理想のグルテンフリー・マフィンのためには、ソルガムきびは絶対に欠かせません。

USGC
海外のスポーツ管理栄養士機関の調査では、アスリートの4割がグルテンフリーを支持しているという調査結果もありますし、日本でも東京オリンピック開催に向けて、これからますます美味しいグルテンフリー食品が求められそうですね。

 

勉強熱心な米野氏から「ソルガムきび」に関する逆取材

勉強熱心な米野氏から「ソルガムきび」に関する逆取材米野
ソルガムきび粉は、アメリカでは結構使われていますか?

USGC
もう色々なグルテンフリー加工食品にソルガムきび粉が入っています。やはりグルテンフリーの焼き菓子を作るには、一つの粉だけでは難しいので、ソルガムきび粉は小麦粉の代用品として多く使われています。

米野
実は、パンケーキを米粉だけで作ったら、ガチっと固くなってしまって・・・。

USGC
ソルガムきび粉を使ったパンケーキは、美味しいですよ。ソルガムきびは大豆やナッツ類の粉と相性がよく豆乳や(でんぷん質として)コンスターチを入れるとふわっと立ち上がりがよくなります。ソルガムきび粉のパンケーキに慣れてしまうと、小麦粉のパンケーキを食べると重く感じます。
また、カレーには白米が定番ですが、ソルガムきび粒が入った雑穀を使っても食感も楽しめるし美味しいですよ。

米野
ソルガムきびの粒は、まだ食べたことがありません。ぜひ食べてみたいです。

USGC
ソルガムきび粒のレシピは、スムージーおにぎりタブレサラダなど色々とありますよ。ソルガムきびはクセがないので、ドレッシング次第では、どんな味付けにも合います。ソルガムきび粒を使ったサラダは、ホテルのブッフェでも人気メニューとして各地で採用されています。ぜひ、ソルガムきび粒もお試しくださいね。

取材を終えて

米野智人氏とアメリカ穀物協会 星澤研究を重ねて丁寧に作られたグルテンフリー・マフィンは、お客様からも大好評というのが納得できる美味しさです。素材の自然な風味と、ふわっとした食感が絶妙なコンビネーションで、ソルガムきび粉の特性が活かされていました。
取材当日は、グルテンフリーの食生活を実践されている勉強熱心な米野さんからソルガムきびに関する「逆取材」も受けて、大いに盛り上がりました。下北沢駅から徒歩30秒、落ち着いた空間でコーヒーとグルテンフリー・マフィンをゆっくり楽しんでみてください。

 

(インタビュアー:アメリカ穀物協会 星澤)

PROFILE

米野智人(よねの ともひと)氏 プロフィール

オーナーの元プロ野野球選手の米野智人氏北海道出身の元プロ野球選手。
2000年、ドラフト3位でヤクルトスワローズに入団。2010年に埼玉西武ライオンズへ移籍、その後、2015年に北海道日本ハムファイターズへ移籍し、2016年に現役引退。
「食」を次のライフワークの出発点とし、2017年3月、東京・下北沢にナチュラルキッチン「Inning+(イニング・プラス)」をオープン。

 

Inning+(イニング・プラス)

ナチュラルキッチン
「Inning+(イニング・プラス)」

“体の中から綺麗で健康”がコンセプトのカフェ・レストラン。グルテンフリーメニュー、自然農法、無農薬食材を豊富に取り入れている。

〒155-0033
東京都世田谷区代田5-34-21 ハイランド202
(下北沢駅西口下車 徒歩30秒)

電話番号:03-5712-3588
営業時間:11:30~23:00(ランチタイム 11:30~16:00)

HP:  http://r.goope.jp/inningplus
Facebook:  https://www.facebook.com/inningplus/
Instagram:  https://www.instagram.com/inning2017/

クリックしてシェアPin on PinterestShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook